バーバリーの明るい未来を描く、リカルド·ティッシ


バーバリーのクリエイティブディレクターであるリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)は、バーバリーの2022年春·夏コレクションを、亡くなった自分の母親に捧げると明かしました。 人間は、幸せや悲しみという感情を感じる時、研ぎ澄まされた動物的本能が現れ、これを動物たちの敏感な耳に繋ぎ合わせてコレクションの全体的なデザインを描いていきました。 コレクションのタイトルもまたANIMAL INSTINCT(動物的本能)と名付けられました。


本能とは、リカルド·ティッシがバーバリーで最も重きを置き、同時に楽しんでいた言葉です。 彼はバーバリーコレクションを手掛けながら、ハウスの遺産を全身で経験し、この経験を生かし、自身の得意分野を黙々と着実にこなしてきました。 彼は、今回のコレクションについて、「これまでバーバリーでやってきたコレクションで、最も悩んだシーズンだ」と話しました。 抽象主義と解体主義を同時に表現したからです。 これまでの英国の上品なバーバリーとは正反対のムードだったため、既存のファンの反感を買ったが、今では彼の理念を理解する認識が高まり、リカルド·ティッシのバーバリーは大いなる飛躍を魅せています。

 

2022年春夏コレクションはどうだったでしょうか。 バーバリーは室内に設置されたセットでコレクションを披露し、その空間には音楽を再生させるためのスピーカーと屋外から吹いてくる風を表現するための強風機、そしてハウスの全てを包むアイデンティティであるトレンチコートで四方の壁を埋めるなど、様々な試みを行いました。 ショーオープニングルックもやはりトレンチコートでした。 前述した抽象主義や解体主義をそのまま表現したよデザインでした。 

 その他にも、バーバリーが注目するビジネスの表現に、スポーツウェアのデザインにも力を入れた姿が見られます。 クチュールデザインに感じられるマントやフーディはもちろん、今回のコレクションのテーマである動物的本能を表したプリンティングデザインが取り入れられたピースも目立ちました。

 私たちが子供の頃描いたこともあるデカルコマニー画法を利用したプリンティングは、ゆらゆらと揺れるドレスに表現されました。 この部分はリカルド·ティッシが現在のバーバリーで感じている非常に個人的な感情を表現したもので、抽象主義と解体主義を盛り込んだ果敢なデザインとは違い、幼い少女の好奇心や驚きの感情を表現したものでした。

 

Source
vogue runway
dsection