SALVATORE FERRAGAMO|22SS SUPER EARLY

 

 

サルヴァトーレ·フェラガモの2022年春·夏コレクションで最も目立った点はユニークなマスタードカラーから始まりました。 ハウスのコレクションを担当しているクリエイティブディレクターのギヨーム・メイアン(Guillaume Meilland)はフィレンツェの歴史的な場所で見られる青色と薄ピンク色を今回のショーに溶かし、最初から最後までイタリアらしい雰囲気を盛り込みました。 少し乾燥した感じを漂わせた素材はイタリア南部の暑くて湿った天気を連想させたこともあります。 自分で春のシーズンと夏のシーズンを作る時に興味を感じると語るギヨーム·メイアンは、過渡期を経ているサルヴァトーレ·フェラガを忠実に引き出しているように見えました。

2016年にハウスに入社したギヨーム·メイアンは、男性服を担当し、クリエイティブディレクターだったポール・アンドリュー(Paul Andrew)の心強い助っ人の役割を果たしてきましたが、昨年4月を最後にポール・アンドリューとCEOのミカエラ・ル・ディヴェレック・レミ (Micaela Le Divelec Lemmi)が離れ、激動の時期を迎えなければなりませんでした。 ハウスはギヨームメイアンをハウスの新しいディレクターとして迎え、男性服と女性服を預け、彼はデザインチーム全体をリードしなければならない首長の位置に上がりました。 そして新しいCEOとしては、バーバリーのマルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)が新しく位置し、サルヴァトーレ·フェラガモの未来を引き続き彼と一緒に描き出す予定です。 新しい形式と工芸を追求するマルコ·ゴベッティは1960年代からファッション業界に携わってきた人物で、ギヨーム·メ

先行予約の販売期間|配送時期

  • 2022年4月18日 ~ 2022年5月16日 | 2022年6月末

プレオーダーディスカウント率

  • 51%

販売した商品一覧

NEWS

22FW COLLECTION

JOURNALを見る