イージーライフウェアを追求するザ·スウェット

ABOUT
THE SWEAT.

クラシック&スポーティムードにインスピレーションを受けたアイテムをベースに、2021年秋冬シーズンを皮切りに展開されているザ·スウェットはミラノでボッテガヴェネタのデジタルビジュアルマーチャンダイザーとして活動したシム·ジナとエスモードファッションスクールを卒業したシム·ヒョナ姉妹がディレクティングを担当しているブランドです。


同じ趣向を共有していた2人が、自分たちが着たい服を直接作るために始まったザ·スウェットは、ブランド名から分かるように、多様なテーマを通じてスウェットアイテムを展開しており、いつでもどこでも快適に着用できるイージーライフウェアを追求しています。

ザ·スエットが披露する2022年春·夏コレクションは、彼らが追求するコンセプトにスポーツクラブというテーマを添えて、よりスポーティなムードを強調したのが特徴であり、これにカジュアルなバシティアートワークを加えて完成しました。

ディーコード初の韓国発ブランドのプレオーダーであるザ·スエットの新しいコレクションを今すぐ体験してみてください。

 

A Conversation with
THE SWEAT.

d.code|ブランド名から追求することが明確に感じられます。 自信も感じられますね。

The Sweat.|ブランドを設立する前から一つに集中して掘り下げるコンセプトを持って行きたかったです。 苦心の末、私たち姉妹が一番好きでよく着るアイテムであるスウェットをメインに決め、シンプルだが多様な試みができるということに喜びました。 ブランド名も私たちが意図しようとしたことを直接的に表現したかったので「ザ·スウェット」と決めました。 これからスウェットというシンプルなアイテムでも多様なデザインとスタイリングが演出できるということを見せたいです。

d.code|過去数年間、トレンドをリードするスウェットアイテムですが、ザ・スウェットならではの特徴はどういう所でしょうか?

The Sweat.|カジュアルでスポーティなムードは、スウェットアイテムが持っているアイデンティティだと思います。 ザ·スウェットはこれを害さない線で女性らしさを強調しようとします。 デニムとスニーカーを一緒にスタイリングするクラシックな演出も好きですが、ザスウェットはソックスとヒールの組み合わせ、またはサテン素材のスカートとジュエリーアイテムで対比される感じを表現したかったです。 カラーを選ぶ際にも、より女性らしい印象を与えようと努力しています。

d.code|姉妹が一緒に運営するブランドなので、感じる点が格別だと思いますが、如何ですか?

The Sweat.|専門分野が全く違う2人で一緒に展開しているので、各自の分野で引き出すアイデアが多様だという点が私たちの長所であり強みだと思います。 お互いに足りない部分を満たしてくれるので、持続的に発展することができます。 反対の場合は短所というよりは意見の対立が生じるのです。 お互いに違う個性を持っているので、小さな部分でも意見の差が生じました。 同じピンクカラーを選択しましたが、トーンの違いで選択の違いが生じます。 でも、この部分を合わせていく過程も大切な瞬間だと思っています。

d.code|ボッテガ・ヴェネタのデジタルビジュアルマーチャンダイザーとしての経歴が印象的です。 どんな仕事を担当して、その時の経験が今ブランドを運営することにどんな影響または役に立っていますか?

The Sweat. ー シム·ジナ|ボッテガ・ヴェネタの公式ウェブサイトで見られるすべてのビジュアルを担当しました。 コレクションがローンチングされた後、オンラインストアに上がるアイテムをバイイングし、製品とモデル撮影のためにすべての企画を行い、フォトグラファーを指揮しました。 その後は毎週新しい発売日程に合わせて、継続的にウェブサイトのビジュアルを変える業務を進めました。 ザ·スウェットでもこの時の経験が重要に作用しています。 消費者が直接見るサムネイルイメージの位置や順序を適切に選択し、最上のサービスを経験できるよう努力しています。

d.code|エスモードファッションスクールを卒業してLAPでデザイナーとして活動しました。 本人のブランドを運営する上で確実に役立った経験だと思います。 所属デザイナーではなく、直接ブランドを運営しながら感じた違いはありますか?

The Sweat. ーシム·ヒョナ|デザイナーとしての経験がなかったら、ザ·スウェットというブランドの運営がこのようにスムーズではなかったと思います。 今もその時の方式を使っていますから。 トレンドに合わせてキーアイテムを早く製作しなければならないこととニットとデニムを除いたすべてのアイテムをデザインしたので本当に多くのことを学んだ時間でした。 違いと言えば、私の主導の下で多様な試みが毎シーズン可能だという点です。 私が追求し、望むデザインを試みることができるということが最大の違いです。

d.code|イージーライフウェアを追求するザ・スウェットのアイテムと共にする皆さんの日常はいかがでしょうか?

The Sweat. ー シム·ジナ|最近一番愛着のあるアイテムはクラシックなデザインのキャンバストートバッグです。 平凡な日常生活はもちろん、私の趣味であるゴルフラウンドに行く時にも役に立ちますよ。

The Sweat. ーシム·ヒョナ|暑くなった天気に完璧なアイテムになってくれるクロップTシャツを選びたいです。 シンプルなグラフィックデザインにクロップした丈感で単独で着用した時にポイントになってくれてインナーとしても活用できる点がいいです。

d.code|ディーコードユーザーにおすすめのアイテムやスタイリング方法があれば教えてください。

The Sweat.|様々なアートワークからインスピレーションを受けたプリンティングTシャツをお勧めしたいです。 ゆったりとしたシルエットと負担にならないグラフィックで、ザ·スウェットが追求するイージーライフウェアの目的に合ったアイテムだと思います。 普段好んで着ていたパンツやスカートとも全て自然に似合うと思います。 また、カジュアルでスポーティなスウェットアイテムのアイデンティティを生かすのに良いネイビーカラーのアイテムも一緒におすすめしたいです。

d.code|これから2022年秋冬シーズンに対する構想を始める時期です。 ザ·スエットの次のコレクションはどんな姿でしょうか?

The Sweat.|秋のためのコレクションを通じて、より落ち着いた雰囲気を演出しようと思います。 ザ·スウェットならではのカラーチョイスでポイントを与える姿を維持しながらです。 また、昨シーズンのアイテムともいつも一緒に着用できるように、エッセンシャルなコンセプトも忘れないようにします。 もちろん秋なので、これに似合うシャツアイテムも追加する計画ですよ。 どんな姿の結果が誕生するのか、私たちもたくさん期待しています。