ベルギーのアントワープで始まった彼らの話

ABOUT ANTWERP SIX

伝説的なデザイナーたちの集まりとして有名なアントワープシックスは、最近も活発な活動を続けているドリス・ヴァン・ノートンとウォルター・ヴァン・ベイレンドンクをはじめ、アン・ドゥムルメステール、マリナ・イー、ダーク ヴァン セーヌ、ダーク ビッケンバーグで構成された6人の集団です。

彼らは皆アントワープ王立芸術アカデミー出身で1986年度に開催されたロンドンデザイナーショーを通じて名前を知らせ業界に大きな反響を呼び、以後は現在とは違ってコレクションを披露する方式では珍しいランウェイショーを採択し多様な試みをしました。 これは現在のランウェイショーの持つ概念を確立させたことでもよく知られています。

ファッションの首都といえば、一般的にロンドンやパリ、ミラノを思い浮かべます。アントワープシックスのメンバーもこの点をよく知っていたので、アントワープではなくロンドンに向かって自分たちのコレクションを披露しました。 彼らがロンドンに到着した時はアントワープでは見られなかった数多くの観客が集まっていました。 ショーの関係者は、ヴィヴィアン・ウェストウッドやジョン・ガリアーノのような有名デザイナーには最も良い1階席を割り当て、アントワープの6人のメンバーには注目度の低い6階を割り当てたので、アントワープシックスは自分たちのコレクションを誰にも披露することができませんでした。

しかし、この6人のデザイナーは直様チラシを印刷し、あらゆる場所を歩き回りながら人々に配り、その日の午後、ついに初めての訪問客が訪れました。 彼はバーネスニューヨークのバイヤーで、彼らのコレクションを見てすぐにその場で6人のデザイナーの作品をバイイングしました。 当時、最高のチェーンデパートだったバーネスニューヨークが彼らの服を購入したというニュースにマスコミは新しいスターの誕生に注目し、以後記事を通じてアントワープシックスという名前が世の中に知らされ始めました。

アントワープシックスが見せてくれた作品はロンドンとパリ、そしてミラノでは見られなかった方向性を持っていました。 この方向性は、彼らの作品が良い評価を受けることで終わるのではなく、アントワープという都市をファッション業界に知らせるきっかけにもなりました。 また、グッチやドルチェやガッバーナのような巨大なブランドとは異なり、彼らは商業的な意図にまったく興味がありませんでした。 自分たちの独特で創意的なデザインに自負心を持って広報のためのマーケティングをしておらず、限定的な数量だけで服を製作しました。

彼らは、センセーションだけを呼び起こすデザインには魂がないと思ったため、この方式を採用したと言います。 そのようにアントワープシックスはロンドンデザイナーショーの日程が終わった後、各自のブランドを設立することになって散り、それぞれの道を歩んでいきました。

DRIES VAN NOTEN

ドリス・ヴァン・ノートンは、1980 年度にアントワープ王立芸術アカデミーを卒業した後、ファッション業界でのキャリアをすぐに始めました。 自分のブランドを設立する前は、様々なブランドでフリーランスとして働き、アントワープシックスのメンバーたちと一緒に1986年ロンドンデザイナーショーで自分のコレクションを披露した後、成功街道を走り始めました。 彼はベルギーに自分の名前をかけたブティックを開き、まもなくパリと香港にも自分のブティックを開きました。

彼のデザインは東洋と西洋の伝統的な建築物と織物にインスピレーションを受けることで知られており、ハンドメイドで製作された作品はすぐに彼のアイデンティティになってくれました。 現在、彼のブランドはジャンポール・ゴティエやニナリッチなど、さまざまなブランドを所有しているプーチグループによって運営されており、ドリス・ヴァン・ノートンはクリエイティブディレクターであり取締役会の議長としての役割を果たし続けています。

ANN DEMEULEMEESTER

ドリス・ヴァン・ノートンの後輩でもあるアン・ドゥムルメステールは1981年度に卒業コレクションを発表した後、すぐに自分のブランドを準備していました。 彼女はアントワープシックスのメンバーとしてロンドンに移る前から、日常生活で無理なく着られるデザインと無彩色のカラーを特徴としたコレクションで良い成績を収めている学生であり、自分のブランドを設立した後は本人のミューズでファッションアイコンのパティ・スミスからインスピレーションを受けた男性的なデザインで多くの愛を受けてきました。

彼女は2013年度に引退を宣言し、自分を助けた助手のセバスチャン・ムニエが2021年春・夏シーズンまでブランドを担当していましたが、現在はデザインチームによってコレクションが展開されています。 アンドミュレミスターは引退後、アントワープにある自分の家で陶磁器とガラスで作ったキッチンウェアを作り、ファッション以外の道を歩んでいます。

DIRK VAN SAENE

ダーク ヴァン セーヌは、自分のコレクションを販売するブティックであるビューティズ・アンド・ヒーローズを開き、自分のキャリアをスタートさせました。 アントワープシックスとの合同コレクションを披露した後の1990年度には、パリで自身初のランウェイショーを開いたり、流行に従わない独創的なデザインで好評を博しました。

彼はまだ限られた数量だけを生産し、自分のデザイン哲学を理解する少数の店舗にのみ製品を供給しています。 最近はベルギーに位置するソフィー・ヴァン・デ・ベルトギャラリーで画家としてデビューし、自分の独創的なアイデアが込められた絵と陶磁器で製作した彫刻を展示し、また別の魅力を披露したりもしました。

WALTER VAN BEIRENDONCK

世界中の芸術と文学、そして音楽から影響を受けてきたウォルター・ヴァン・ベイレンドンクは、独特の色彩を利用してユニークな組み合わせを披露するデザイナーとして知られています。 これから完成した果敢なグラフィックデザインは彼のシグネチャーでもあり、特にチラシで主に見られるスローガンを思い浮かばせるTシャツは今でも多くの人気を得ています。

1990年代後半にはU2のコンサートツアーのための衣装をデザインし、人々に自分の名前を刻印させました。 これきっかけに、彼は最近まで演劇や映画に使われる衣装をデザインしており、自分の作品集を出版したりもしてます。

DIRK BIKKEMBERGS

ベルギー国籍の父親とドイツ国籍の母親の間に生まれたダーク ビッケンバーグは、ロンドンで披露したアントワープ・シックス・コレクションで自分の名前を業界に知らせたが、実はロンドンへの旅に出る前にすでにベルギー最高のヤングデザイナーに受賞するカネットドールを手にした人物でした。

靴のデザインを専攻した彼は、すぐにカネットドールの支援の下、自分の名前をかけた靴のブランドを設立したりもしました。 彼は1997年度に初めてレディーメイド服コレクションを披露し、婦人服と紳士服服のデザインがすべて同じであることで注目を集め始めました。 特にサッカーに関心が高かったダーク ビッケンバーグはイタリアのインテルミラノのためのTシャツをデザインし、スペインのバルセロナの球場であるカンプ ノウでは初めてランウェイショーを披露しました。

MARINA YEE

アントワープシックスのメンバーの中で最も近況が分かりにくい人物だとされるマリナ・イーは、男性と女性のための革アクセサリーを作ることで自分のキャリアをスタートさせ、演劇のための衣装を製作する能力に優れ、ベルギー演劇協会で賞を受賞しています。 アントワープシックスのメンバーたちと1986年ロンドンで披露した彼女の作品は、捨てられた服を解体した後、新しく組み合わせて完成したミリタリー風のデザインが主であり、これはまさに彼女のアイデンティティになってくれました。

しかし、1990年代初めまで活発な活動を続けてきた彼女は、いつの間にか姿を消し、ベルギーの特定店舗だけで小さなコレクションを披露したりもしました。 そんな中、2018年に東京で開かれた自分の個展を通じて再び姿を現し、復帰を暗示し、現在はロンドンで披露していたミリタリーベースのデザインを盛り込んだ紳士服コレクションを毎シーズン披露しています。